お店からのご案内

FRPグレーチング トップページ

FRPとはプラスチックにガラス繊維の層を練り込んで作られた複合材料で、Fiber Reinforced Plastics の略で、Fiber=繊維、Reinforced=強化された、 Plastics=プラスチック、=「繊維強化プラスチック」のことです。
複合材料とは2種類以上の材料を組合わせることで、それぞれの長所を生かし、短所を補う材料のことであります。FRPの絶対量としてはガラス繊維強化ポリエステルが多く、ガラス繊維により機械的強度の高い向上効果が期待できるとともに、プラスチック材料に薬剤を配合することでの
耐水・耐薬・耐熱等などの様々な効果を与えることができます。また、着色は成型時に顔料を樹脂に混入して着色する樹脂着色を採用すれば、表面塗装処理に比べ剥離など発生しません。

 

 軽量で高強度。優れた耐性を持つ多目的格子材です。

FRPグレーチングの特徴

  
  • 軽量だから、設置工事が容易に行えます。
  • 強度が高く、充分な安全性が保てます。
  • 耐薬品性に優れ、設置場所を選びません。
  • 長期間の屋外暴露もOK!FRPならではの優れた耐候性です。
  • 電気絶縁性が強く、非磁性。電気分野への用途が広がります。
 

FRPグレーチングの主な需要

建築用建材としての注目度が高まっています。
FRPグレーチングは軽量・高強度・耐腐食性に優れているだけでなく、採光性や換気性にも優れ、なおかつスタイリッシュなフォルムから、建物の外装材など建築用建材としても多く利用されています。床材はもちろん、間仕切り、天井、日除け、階段、バルコニー、ドアなど使い方は無限です。
>>> FRPグレーチング活用例


40×40×40 40×40×25 25×100×25 100×25×25
FG4040 FG4025 FG2525 FG2525T
25×25×25 19×19×22 83×83×40 取付金具
FG25K FG20K FG8040 取付金具
 

 一般用途から耐薬目的まで様々な分野で用いられています。

現在、FRPは一般用途から耐薬目的まで、建設産業をはじめ、宇宙・航空産業、自動車、鉄道等さまざまな分野で用いられていますが、まだまだ今後その利用分野は一層拡大することが予想されています
さらに複合材料として組合わせるプラスチック材料や繊維材料や添加物の開発や組合せにより、たとえば強化用の繊維材料としてガラス繊維以外に、最近では高モジュラスの合成繊維、炭素繊維、ボロソ繊維が開発され、またステンレスや各種のホイスカーなどについての研究が進められて、宇宙開発や海洋開発用の複合材料と使用が広がっています。
FRP製面格子 FRPグレーチング活用例 その他資料
FRPグレーチング納まり参考図
取付金具の使用形態を、F40M,F40SC,FG-1,-2について、
図面にて説明。
FRPグレーチング使用例
FRPグレーチングのフェンスへの使用例を2例、図面にて紹介。
FRPグレーチング施工例
建築建物へのFRPグレーチング
使用実態を写真にて紹介。
FRPグレーチング技術資料
耐薬品性評価表、ジョイント金具の取付方法、オーダーカラー、特別加工費用、切断加工方法など紹介。
FRP製面格子 FRPグレーチング活用例
 
FRPグレーチングの注意点
  • FRPグレーチングは紫外線の影響等により劣化します。外観上の黄変が見られるのは5~10年です。強度面での寿命は20年程度が目安ですが、保証値ではありません。(設置場所・紫外線量により異なります)
  • JIS K 6911熱硬化性プラスチック一般試験方法の耐熱性試験において不燃性に適合します(クリア除く)。
  • 建築基準法の不燃材料には当たりません。
  • のこぎり等で容易に切断できます。切り口にはバリが出ますので安全のためやすりやグラインダーで仕上げてください。
  • 加工の際には必ず粉じん対策としてマスクをしてください。
 

NO.170412